身の丈

分相応とか、分不相応とか、そういうやつね。

突然だが、“身の丈”という言葉が先程からぐるぐると頭の中を回っている。
自分の身の丈にあった事や物は、してもいないし持ってもいない。大体において身の丈よりもずっと上のことを考えてしまう。

なんだか、そんな事が気になった。


さて、夜寝ていて一度目がさめてから暫く寝られなくなることがある。
今日の未明が正にそうだった。

あまりにも寝られなくて就寝中のコンピューターをたたき起こし、10分ほど眠れない夜に付き合ってもらった。
「本当に何をやってるんだか?」と思うのだが、mixiをぶらり。
看護師の友人が日記をアップしていた。それを読んで一言コメントをした。
眠いのか眠くないのか、起きているのか起きていないのか、曖昧な頭でコメントをした。

それが終わりコンピューターに休息を与えて、またベッドに潜り込んだ。脚を伸ばすと丁度いいところにネコが寝ている。蹴り起こすわけにもいかず、彼を避けておかしな格好で体を横たえた。またぼんやりとした考えが頭の中でぐるぐると回りだした。それもまた“身の丈”には合っていない希望や想像。
眠いのか眠くないのか、起きているのか起きていないのか、曖昧な頭でそんな事を想っていた。


分相応な何かを手に入れられるだろうか?
それとも、願わくば分不相応な事物に対して自分が分相応に成れるだろうか?
[PR]
by mar1hide | 2006-03-23 22:12 | 思い立った時の日記
<< 卒業式 ま、当然だよね? >>



気分次第で日記にする。
by mar1hide
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30