お帰り中国語の教科書

先週、ネタ帳の方に“隣のK君と中国語の教科書”というのを用意しておりました。

そのお話です。


その教科書が今日戻ってきました。教科書は隣の家のK君のところへと行っておりまし。(その理由はおとなりさんをお読みください)。
まずここでK君に謝っておかなければなりません。

<1週間後に彼が返す日が来たことすら覚えていない可能性を感じる>

なんて書いてスミマセンでした。ちゃんと今日お返しいただきました。

で、結果から言うとK君はあまりこの中国語の教科書を気に入ってくれなかったようです。またお貸しします、遠慮なく言って下さい。


実際のところ語学を独学で習得するのはちょっと難しいと思います。
教科書があっても正しい発音が学べるとは思いません。教科書の中身をすべて覚えたとしても、会話をする機会が無ければ身につきません。
一緒に勉強する仲間が居れば状況は変わってくると思うので、語学の勉強したいときにはパートナーやグループを作ることでより確実な学習が出来ると思います。

どうしても一人の場合はテレビの語学講座をビデオにとって、発音練習を繰り返してみて、更に自分の声を録音してお手本と聞き比べると良いのではないでしょうか?


で、ジブンは中国語ができるかという質問が寄せられそうですが…。
忘れちゃいました。しかも初級レベルの内容を。
[PR]
by mar1hide | 2004-05-30 23:05 | ご近所あれこれ
<< いやー、暑かった 明日の楽しみ >>



気分次第で日記にする。
by mar1hide
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31