カテゴリ:ご近所あれこれ( 7 )

昨日の余韻を引きずりつつ

今日はマッサージの日。揉まれてまいりました。
その帰りにホームセンターに行き必要なものを買い、本屋に寄り雑誌とマンガの単行本を買う。

帰宅するとサンフランシスコに留学中の大学の友人(でいいですよね?Mちゃん?)とメッセンジャーでお話。
しばらくしてから夕食となり、昨日のことを両親と話す。


明日は朝から病院。久しぶりに戦友に会う予定。楽しみです。
午後は歯医者。全然楽しみじゃないです。
[PR]
by mar1hide | 2005-03-22 23:14 | ご近所あれこれ

12月であるからして…

地元の駅前にあるバスターミナル。そのほぼ中央に植え込みがあり(と言ってもあまり木が植わってない)、そこに今年もイルミネーションが出現した。


a0019334_105578.jpg


イルミネーションなんて出されちゃうと、今年も終わりが刻一刻と近づいてるのが実感できます。
[PR]
by mar1hide | 2004-12-05 10:06 | ご近所あれこれ

スーパーマーケット

まずはいきなり恐縮ですが、5月25日のご近所あれこれ―“家周辺について”をご覧頂いて、家がある地域をなんとなく頭に思い浮かべてください。

道を挟んで家の隣には酒屋さんがあります。家の前の階段を上がって3,4分歩いたところにスーパーAがあり、更に数週間前には大きなとおりを一番下まで下り、橋を渡ったところにスーパーBが新規開店しました。


この地域は住宅地なので、スーパーや隣の酒屋さんのようなお店はお客に事欠かないのですが、スーパーBの開店によって今までこの地域に根ざしていたスーパーAと酒屋さんはきっと大打撃を受けていると思います。
というのは、スーパーBの前には大きなマンションがあり、営業時間も夜中1時までとなっているのです。野菜や生鮮食料品を売るだけならまだしもそんな遅くまで営業されていたら、夜8時ごろに営業を終了するスーパーAはたまったもんじゃない。まず間違えなく坂の下のマンションに住んでいた人は過去の顧客になってしまったのではないだろうか?昼間だからってわざわざ坂の上まで買い物に行かないでしょう?
またスーパーBはお酒まで売っているのだから、小さな商店である家の隣の酒屋さんは厳しい状況に追い込まれているのではないか?スーパーと小売店では仕入れの量が違うので販売単価も変わってくるはず…。そうすると同じものなら安いお店で買う方がいいのだから、この辺の人は車を1分ほど運転してケースごとビールを買うなりなんなりするでしょう。
隣の酒屋さんも自動販売機でビールを売ってますが、夜11時には条例により買えないようになっている。スーパーBは1時まで営業してる…。昼の部だけでなくて夜の部もスーパーBは強いのです。

更にスーパーBではスーパーAでも隣の酒屋さんでも扱っていない商品=“雑誌”を置いているらしい。となると、夜中に暇を持て余した人がふらりとスーパーBにやってきて、買うつもりは無かったけど、面白い雑誌を見つけて、ついでにジュースやスナックを買っていくということも考えられる…。

こうやって勝手な憶測をするとスーパーBの快進撃はしばらく続くだろう。


写真のプリントや宅配便はそちらで出します。
隣の酒屋さん頑張ってください!
[PR]
by mar1hide | 2004-06-02 00:31 | ご近所あれこれ

お帰り中国語の教科書

先週、ネタ帳の方に“隣のK君と中国語の教科書”というのを用意しておりました。

そのお話です。


その教科書が今日戻ってきました。教科書は隣の家のK君のところへと行っておりまし。(その理由はおとなりさんをお読みください)。
まずここでK君に謝っておかなければなりません。

<1週間後に彼が返す日が来たことすら覚えていない可能性を感じる>

なんて書いてスミマセンでした。ちゃんと今日お返しいただきました。

で、結果から言うとK君はあまりこの中国語の教科書を気に入ってくれなかったようです。またお貸しします、遠慮なく言って下さい。


実際のところ語学を独学で習得するのはちょっと難しいと思います。
教科書があっても正しい発音が学べるとは思いません。教科書の中身をすべて覚えたとしても、会話をする機会が無ければ身につきません。
一緒に勉強する仲間が居れば状況は変わってくると思うので、語学の勉強したいときにはパートナーやグループを作ることでより確実な学習が出来ると思います。

どうしても一人の場合はテレビの語学講座をビデオにとって、発音練習を繰り返してみて、更に自分の声を録音してお手本と聞き比べると良いのではないでしょうか?


で、ジブンは中国語ができるかという質問が寄せられそうですが…。
忘れちゃいました。しかも初級レベルの内容を。
[PR]
by mar1hide | 2004-05-30 23:05 | ご近所あれこれ

家周辺について

家は住所が○○市××山 △丁目~ と住所に“山”が入るようにちょっとした小高いエリアにあります。
玄関を出て左に行けばやや緩やかな上り坂、右に行けばやはり緩やかな下り坂、まっすぐ進めば上りの階段と言う場所なのです。そして、家を出て右手に10mで大きな通りがありそこは急な長い坂の中間くらいの場所になっています。
また、このエリアはお年寄りが多い。道を歩いているお年寄りを観察していると、ほとんどの人が上り坂なんかなんのそので元気に歩いてます。

このように坂道の多いところなので、自転車で通学する高校生などは勢いよく下り坂を走っていきます。過去のジブンもそうでした。ところが、帰りは行きよいよく上れるはずもない坂道なのです。なにしろ下から上まで300mくらいあって、途中何段階かで斜度がきつくなるようなところです。だから、ほとんどのチャリ通(=チャリンコ通学)の人々は自転車を降りて押しながら家に帰るのです。

さてさて、状況説明はこんなところにして、今日の話は数年前にさかのぼります。

電動アシスト付きの自転車というのがありますね。乗ったことがないのでわからないのですが、乗っている人を見るとスイスイと結構楽そうです。

ある日とある初老のおじさんがそれをこいで家の前の坂道を上って行きました。別の時には中年の女性も同じようにこいで上っていきました。その自転車を見慣れなかったあの頃、なんかすごく気味の悪い風景を見ている気がしました。

立ちこぎしてないのに涼しい顔して坂道上ってる、しかもおっさんやおばさんが…。


なんか奇妙な物を見た気がしましたが、最近は見慣れました。
[PR]
by mar1hide | 2004-05-25 22:34 | ご近所あれこれ

夏だ、海だ、○○だ!

さあ、いきなり問題です。
タイトルの○○には何が入るでしょうか?

○○の中には自分の住んでる地域名が入ります。


実はジブンは夏が来るとすごい数の人がやってくる地域に住んでいます。

週末の道路は午前中から夕方過ぎまで渋滞。ま、それはしょうがない。
しかし!住民としては地元の人が使う生活道路にまで渋滞を避けるためには来ないで欲しいです。だって、細い道の上にすれ違いが出来る場所も限られていて、そういう場所を知らない人が入ってくるとすれ違いができないから、もー、ちっとも進まなくなる。

カーナビに渋滞迂回ルートを教えてくれる機能を付けるなら、“このルートはすれ違い難しい”とかの情報も表示してくれるといいのにねぇ。

あ、さてぇ~
次回はこの辺の名所について書いてみましょうか。
[PR]
by mar1hide | 2004-05-20 23:48 | ご近所あれこれ

富士山の姿

ジブンの住んでいる地域は海が近く、遠くに山並みと更に富士山を見ることができる。
富士山というのは日本人ならどこに住んでいる人でも知っている山(当たり前)である。でも、ある時知った。関西の方の人は富士山を直に見たことが少ない、だから初めて富士山を近くに見るとその大きさに驚くようである。

またある方向から富士山を見ると、富士山らしからぬ富士山の姿を見ることができる。はっきり言ってしまうとわざわざ見なくてもいいような姿。

む~、ぶさいく。
[PR]
by mar1hide | 2004-05-11 23:52 | ご近所あれこれ



気分次第で日記にする。
by mar1hide
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31