<   2006年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

突然の宣言

前もって「引退します」というスポーツ選手は少なくないし、逆に突然「今日を最後に~」という選手もまた少なくはないと思う。

大晦日恒例となった格闘技番組を見ていて、僕の好きな須藤元気選手は見事な勝利を飾ったから「よしよし、いい感じだ」なんて思っていた。その須藤選手が試合後にリング上でマイクを握り突然の引退宣言。最後まで“トリックスター”ぶりを発揮してました。彼らしい引き際だと思うし、彼にお似合いの宣言だったと思う。


2006年の最後はそんな驚きを与えられた。
2007年への助走となるのかな?


皆さん良いお年をお迎えください。
[PR]
by mar1hide | 2006-12-31 23:42 | 思い立った時の日記

器械ってヤツは

携帯のカメラが復活。
起動できなかったり、ある日突然直って起動できたり。

壊れると(起動できないと)新しいのを買おうかと思うのだが、ある日突然何事も無かったように使えたりする。


なかなかクセのあるヤツだ。
[PR]
by mar1hide | 2006-12-30 22:16 | 思い立った時の日記

実感もなく

夕食で「クリスマスは何をしていたっけ?」と父が言い出した。
誰もはっきりとした応えがない。


「何曜日がイブで、だから~してた」と母。

僕は「メリークリスマス」なんてメールを数名の友達に送っていた。


そして今日は29日。
実感の無いままに年末がやって来て居る。

“お正月でございます”と言っても、テレビの中での挨拶と社交辞令化したフレーズの「あけましておめでとう」はお正月気分を盛り上げてくれるほどではなくなった気がする。

何しろ何か足りないものがあればコンビニに買いに行けばよいのだから。
お店の99%がお休みだったのはいつの時代でしょう。


こんな昔話をすると若さがなくなっているのかと思ったり、思わなかったり…。


年末の掃除くらいはすべきだろうなぁ。
[PR]
by mar1hide | 2006-12-29 22:13 | 思い立った時の日記

脈絡はなく

ブログにはトラックバックというシステムがある。簡単に言えば知らない他人様がこちらのブログにリンクをする…、なんて機能だと思う。
これが最近ろくでもないところからトラックバックをされるので、「トラックバック不可」にしてます。

鎌倉の“だんかつら”で見かけた喫茶店の名前はその名も「だんかつら」。ところが今日ぼんやりと車の窓からそのお店を見ていたら、ちょうど何かで店名の一部が隠れて“かつら”になっていた。その時はお店の名前を思い出せなかったのでやたら驚いたが、すぐに解決。しかし、余計な事まで思い付いてしまった。「ふ」を頭につけると…。

迷惑メールいまだに絶えない。
携帯宛だろうがパソコン宛だろうが無差別攻撃である。その中でも一応ツッコミを入れたいのが、送信元が「まなみ」みたいな名前になってるのに、本文は「せいこ」になっていたり…。迷惑メールを送る方も少しは頭を使わないと。

迷惑メールでもうひとつ。
以前迷惑メールについて気になったことがあったので女性の友人に聞いてみた。
僕: 「迷惑メールってやっぱり来る?」
友人: 「くるよ」
僕: 「“人妻”とか男性向けの件名で?」
友人: 「そう。おっ○いなんて言われてもうれしくないのにね」
無差別すぎるよ、迷惑メール。
[PR]
by mar1hide | 2006-12-28 23:17 | 思い立った時の日記

階段という険しい道

今日もまたYahoo!ニュースの見出しから引っ張ってきた記事。

<御茶ノ水駅>大学病院集中…バリアフリー対策で署名活動

御茶ノ水駅は利用した事は無いものの大学へ通う途中で電車が止まる駅。
実は友人が昨年1年間だが、御茶ノ水駅を最寄り駅とする専門学校で講師をしていた。そこで、「一度、授業にお邪魔させていただきたい」と、申し入れていた。彼は「良いですよ」と返事をしていてくれた。しかし、その後に御茶ノ水駅にはエスカレーターもエレベーターもないと聞かされ、階段を上る事が困難だって当時の僕は、結局彼の教える教室へ行ってみる事は無かった。


地元のJRの駅にはエスカレーターもエレベーターもあり、必ず利用させてもらっている。
大学の最寄り駅である四ツ谷駅にも大学へ近い出口にはエスカレーターがある。しかし、時にはメンテナンスのためにエスカレーターが一時的に利用できない時もあり、そんな時は意を決して途中で休み休み階段をゆっくりと上っていったり、或いはだいぶ遠回りをして反対方向だがアトレのエスカレーターで地上階へ行き、そこからボチボチと大学へ向けて歩いたりという、いずれにしても負担を伴う選択肢しかなかった。


3年半前には階段を駆け上がる事が当たり前にできた。だが、それができなくなった為に、健常者にとってはなんでもないものが大きな障害になる事がわかった。体調が思わしくない時は階段を見上げると絶望感を感じずにはいられなかったし、ただ階段を上る事を意識しただけで体が硬直してしまった事もあった。


今後利用する機会があるかないかわからないが、御茶ノ水駅に早くエスカレーターなりエレベーターが整備される事を望む。
[PR]
by mar1hide | 2006-12-27 22:51 | 思い立った時の日記

DVD

先日Amazonで購入した映画のDVD3作品が到着した。
早速、先程その内の一つを観た。

車が沢山出てくるアメリカ映画。舞台は東京。
あえてタイトルは出さないけど、幾つか気になる点を。

渋谷の交差点人多すぎ。いくらなんでもそんなにいないだろ…。
そんなファッションのお嬢さんたちって居るの?
なんでみんながそんなに英語上手いの?


日本に対するアメリカ的なステレオタイプはまだまだ存在して、本来の日本の姿には少し(本当に少しだけ)ずつ近づいているのだろう。

と、気を使った感想を残します。
[PR]
by mar1hide | 2006-12-26 22:39 | 思い立った時の日記

変換ミス

今年最高の変換ミスは……「怪盗アンデス」?
チョット力が抜けるけど、年末のガサガサと忙しい時期には「アハハハ」と気分転換をさせてくれる。そんな賞に関してのニュース。

実は数日前にある方に送ったメールの書き出しがおかしな事になっていた。
先方からの返信にその部分が引用されており、「あれ?何でこの人こんな話してるのだろう??」と思い、自分が送信したメールを確認してびっくり。

何でそんな事を書いたのかもまったく思い出せず、「文章としておかしいと思って直していたものの一部が、おかしな形で文頭に残ったのだろう…」と、都合よく解釈するしかない書き出しだった。

さて、そのいかれた文章とは以下の通りです。


角刈りなんてしてないよ相変わらずと言っても決して悪い意味ではありません。



…ね、さっぱりわからないでしょ?
お陰で今日送られて来たメールもそのネタが引きずられていた。
[PR]
by mar1hide | 2006-12-26 00:04 | 思い立った時の日記

暖炉とネコ

先月1歳になったおチビさん。
生まれて初めて暖炉に火が点いているのを見ました。

とても怖かったようで遠巻きに見たり、隠れて様子を伺ったり、机の向こうから後ろ足だけで立ち上がって何物なのかを知ろうとしたり。


そもそも動物は火を恐れるというけど、慣れると暖かくてよいものだと学習する。
(家の中でペットとして飼われている場合に限ると思うが)
その証拠に5歳のにぃさんネコはソファーの上でなが~くなって気持ち良さそうに寝ていた。

これから先、暖炉が怖くないものだと覚えるまでに彼女はわざわざ冷えた所からひたすら観察するのだろう。
[PR]
by mar1hide | 2006-12-25 00:27 | 思い立った時の日記

さてそのチケット代でどれだけの燃料費になるのでしょうか?

たまにバンクーバー行きの格安チケットをネットで調べて、「おお!安い!」なんて感激しております。

大体一年で一番買い求めやすくなる時期は2月で、ACの直行便利用で3万円台中盤から売られている。同じ直行便でJALはその約2倍…。どうなってるんでしょうか?


さて問題はどっちのエアラインが安いということよりも、3万、4万の料金で飛行機の燃料は果たしてどのくらいの量がまかなえるのでしょうか?
もちろん、料金に含まれるのは燃料費だけではないけれど、あえて燃料費だけと考えたら…。離陸すらできなかったりして。


よく友達と冗談で、「エコノミークラスの各席にペダルがあって機長の合図でみんなで漕ぎまくるんじゃないの?」なんて事を言っている。
まあ、それですら飛行機を動かせるほどじゃないだろうけど。ましてや2月なんて満員にならないだろうし。


格安チケットを買っていざ飛行機に乗り込んだら床からペダルが生えていた…。
「そんなチケットを買った」、「そういう飛行機を見た」、なんて方がいらしたらご一報ください。
[PR]
by mar1hide | 2006-12-23 21:58 | 思い立った時の日記

好みの色

ブログの雰囲気をたまに変えているが、いくつか用意されているスキン(雛形みたいなもの)から好きなデザインのを選んで、その中から好きな色をピックアップしている。

そうすると自分の好きな色の傾向というのがわかってくる。
元々わかってはいたけど…。

今回は青。
特に濃い青が好きである。車の色も紺のような紫に近いようなちょっと面白い色だし。

赤も好きである。
カナダで乗っていた車は赤かった。

黄色もお気に入り。
10数年前に乗っていた車は目に鮮やかな黄色のビート。
ちなみにその頃飼っていた猫もビートという名前だった。

高校生の頃はブリティッシュグリーンを好んだ時期があった。
わざわざダッフルコートをその色で探しまくった事があった。

逆にシルバーなどはあまり興味がない。
特に車の色としては。

そういえば真っ黒なカマロでバンクーバーのダウンタウンを走っていたこともあった。
軽くアクセルを踏むだけで横に向いてしまうような、パワーの塊だった。


色の話を書いているつもりが車の話になっちゃった…。
[PR]
by mar1hide | 2006-12-22 23:56 | 思い立った時の日記



気分次第で日記にする。
by mar1hide

参加型なんとか

掲示板のようなチャットのような…
ひでぴー局
さあ、ご参加あれ!
とりあえず、ポチっとな。

カテゴリ

以前の記事

検索

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧