第2羽(話)

フン公害は我々人間にとって、厄介なものである。厄介だから公害なんだけど。
ただ、公害を起こす原因は人間なんですよね。そう考えると、ちょっとややっこしいことになる。

鳩に限らず野良猫にえさを与える人がいる。「かわいいから」という理由が多いのだが、さて、これはどうだろうか?フン公害のことは聞かない。それは鳩のように空から爆撃してこないからだろう。しかし、猫達は人間の敷地をまたいで移動し、どこかの庭で用を足すこともある。だから、やはり“公”ではないがフン害はある。

人間が地上で一番驚異的な生物となってからは、言葉を持っておらず(彼らの言語があるようだが)、服を着ない彼らは肩身の狭い思いをしているのかもしれない。道は舗装され、車はひっきりなしに走り、昼寝する場所も減っている(かな?)。
猫ならまだいいと考えられるのだろうか?

数年前に神戸の住宅地にイノシシが夜な夜なやってくるというニュースがあった。食べ物を求めて山から下りてくるのだ。
ちょうどニュースの中でえさを与えているおばあさんがいた。このおばあさんはイノシシをかわいいと思って残飯を与えているようだった。しかし、野生動物は想像もしなかったような行動に出る事がある。もし、イノシシ達が何かに驚いて一斉に走り出し、このおばあさんに向かって来たら間違えなく大怪我をするだろう。その後には何が起きるか?

クマは人の住む地域にやってくると猟友会(ってなんでしょうか…と思う)に殺生されてしまうことがある。強暴だからね。
「はい、誰も怪我をせずに片付きました。」
“めでたし”と言えるのだろうか?

別にクマの話を延々する気もない。要するにイノシシも退治される対象になっているという話だ。強暴だからね。


一番力を持ったものは強い。その力は間違った使い方や好き勝手な使い方をしても誰も止められません。誰かを助けると言って、人を殴りに行って殺しちゃっても正しくなったりする。もしかしたら止められるかもしれないけど、望みは薄いかな?

人間の行いってどう思いますか?



さっきどこかの3日間続くパーティーに関するニュースを見てから、昨日の出来事とあわせて書いてみました。
[PR]
by mar1hide | 2005-01-21 23:42 | 思い立った時の日記
<< プリンター 憩いのひと時とは >>



気分次第で日記にする。
by mar1hide
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30